医療用ウィッグとファッションウィッグの違いが知りたいあなたへ

  • 2020年5月21日
  • 2020年5月21日
  • 医療
あなたは医療用ウィッグを探すときにファッションウィッグとどう違うのかがよくわからないと思ったことはありませんか?

この疑問は私の妻が医療用ウィッグを探す際にも感じていたことで、見た目は同じようなウィッグなのにどこが違うのかよくわかりませんでした。私の妻は絨毛癌という病気にかかり、その治療に伴う脱毛の症状があったので医療用ウィッグや医療用帽子を調べ探しましたが、その際にとても苦労しました。

そこで今回は医療用ウィッグとファッションウィッグの違いが知りたい人の役に立つように、各ウィッグの特徴や違いの詳細を解説させていただきます。

医療用ウィッグとファッションウィッグの違いや特徴は?

『ファッションウィッグ』

ファッションウィッグの特徴は機械による縫い付けで製造されていて、毛質は人工毛のみです。

長所は低価格でヘアスタイルやカラーの種類が多いところです。中には2千円台から買えるものもあるので格安と言えるでしょう。
短所は重さがあり通気性も良くないので長時間の着用には不向きなところです。また、キャップの伸縮性が低くサイズが合わないことや、毛量も多いので不自然に見えてしまうこともあります。

『医療用ウィッグ』

医療用ウィッグの特徴はハンドメイドで毛を一本一本手作業で植えているので毛の根元が自然な感じになるところです。毛質は人工毛、人毛MIX、人毛100%の3種類があります。

長所はとても軽く通気性が良いので長時間着用してもストレスが少なく蒸れにくいところや、キャップに伸縮性があるのでフィット感が良いところです。毛量も多すぎず自然に見え、毛質も自分に合わせて選べるところも長所と言えるでしょう。
短所は価格が最低でも1万円以上とファッションウィッグと比べて高価なところや、人毛MIX、人毛100%を選んだときカラーの種類がファッションウィッグに比べると少ないところです。

このように医療用ウィッグとファッションウィッグの見た目は似ていますが、品質には大きな違いがあるということをわかっていただけたと思います。


医療用ウィッグ・人工毛と人毛の違いは?

医療用ウィッグは『人工毛』『人毛MIX』『人毛100%』の3種類に分かれていますので、ここからはその違いを見てみましょう。

人工毛は主にファイバー素材でできています。
長所は人毛と比べると低価格でヘアスタイルやカラーが豊富なところです。また、形状記憶が可能で色落ちしません。短所は人毛よりツヤ感があり耐久性が低くヘアセットが難しいところです。(耐久性は毎日着用の場合で3~4ヶ月ほど)

人毛MIXは人毛と人工毛をMIXした素材でできています。
長所は人工毛よりも自然なツヤ感で形状記憶も可能なところで、耐久性も人工毛より長く持ちます。短所は価格が少し上がるところと人毛部分の色が落ちることがあるところです。また、カラーバリエーションも少なくヘアセットが難しいところも短所と言えるでしょう。(耐久性は毎日着用の場合で半年ほど)

人毛100%ウィッグはその名の通り100%人毛のウィッグです。
長所は手触りが柔らかくセットも簡単にできるところや、ヘアカラーやパーマも可能で耐久性も長いところです。短所はクセが出やすいのでスタイリングが必要で色落ちしやすいところや、カラーバリエーションが少なく価格がかなり高いところです。(耐久性は毎日着用の場合で1年ほど)

このように毛質によって特徴にも大きな違いがありますので、あなたに合ったものがどれかをチェックしてみてください。

なぜ医療用ウィッグがおすすめ?

ここからはなぜ医療用をおすすめするのかをご説明させていただきます。

先程、特徴の違いをご説明したように医療用ウィッグの品質の高さはご理解いただけたと思います。

決してファッションウィッグがダメというわけではありませんが、付け心地や通気性が良ければ頭皮へのストレスを大幅に軽減することができます。治療が終わり地毛が生えそろうまでの長期間着用することを考えると、少しでも肌に優しいものがいいと言えるでしょう。

また、脱毛が原因でウィッグをつける人はできるだけ自然に見えるものを求めます。ファッションウィッグは毛量の多さなどで不自然に見えてしまいがちですが、医療用ウィッグはハンドメイドで毛量も多すぎず自然な仕上がりになります。自然な仕上がりだと周りの目が気にならずストレス軽減にも繋がります。これは医療用ウィッグをおすすめする重要なポイントと言えるでしょう。

医療用ウィッグは専用サロンで購入すれば自分に合わせたカットも行ってくれるので、さらに自然な仕上がりのウィッグで過ごすことができるでしょう。


おすすめの医療用ウィッグは?

今回おすすめする医療用ウィッグ通販サイトは『ウィッグ専門店AQUADOLL(アクアドール)』です。

アクアドールでは人工毛と人毛MIXの医療用ウィッグを取り扱っていて、高品質な医療用ウィッグを2万円程度で購入することが可能です。また、完全無料で自宅へ試着配送してもらうことも可能なので自宅でじっくり試着することもできます。

ここまでの内容でも十分お得なのですが、アクアドールには日本全国に直営サロンやパートナーサロンがあり、ウィッグのカットやサイズ調整、メンテナンスを行ってくれるサービスがあります。

これはとてもおすすめなサービスで、購入したウィッグを自分に合わせて調整してくれます。生え際の産毛感やもみあげ部分など購入してそのままのウィッグでは不自然な部分を、購入者に合った自然な感じに整えてくれるので違和感のないウィッグになります。

AQUADOLLの医療用ウィッグはこちら⇩
総手植え100%高級ウィッグ

では医療用ウィッグとファッションウィッグの特徴について簡単にまとめてみましょう

『ファッションウィッグと医療用ウィッグの特徴』
ファッションウィッグ
・機械で作られている。
・毛質は人工毛のみ。
長所
・低価格で2千円台から購入可能。
・ヘアスタイルやカラーが豊富。
短所
・重量があるので長時間の着用には不向き。
・通気性が悪い。
・キャップの伸縮性が低くサイズが合わないことがある。
・毛量が多く不自然に見える。

医療用ウィッグ
・総手植えのハンドメイド。
・毛質は人工毛、人毛MIX、人毛がある。
長所
・軽量で長時間着用してもストレスが少ない。
・通気性が良く蒸れにくい。
・キャップに伸縮性がありフィットしやすい。
・毛量が多すぎず自然に見える。
短所
・価格が1万円以上と少し高い。
・人毛MIX、人毛はカラーの種類が少ない。
このように見た目の自然さや機能性のどちらも医療用ウィッグが優れています。あなたが格安という点にこだわらないのであれば、一度医療用ウィッグを試してみることをおすすめします。


まとめ

医療用ウィッグとファッションウィッグの違いや特徴を比較してみましたが参考になりましたでしょうか。

私の妻も最初は価格の面を気にして格安のファッションウィッグを購入していましたが、サイズが合わなかったり付けたときに不自然だったりとよく失敗していました。そこから悩んで医療用ウィッグを購入しましたが、付け心地、サイズ感、軽さ、通気性、見た目の自然さなどすべてにおいて購入して良かったと妻も満足しています。

価格も他社だと10万円以上するものも多いので2万円程度から購入できるのはかなりお得だと思います。

もしあなたが医療用ウィッグの購入に悩んでいるならぜひ一度お試しください。

AQUADOLLの医療用ウィッグを見てみる⇩
医療用AQUADOLLVENUSウィッグ