【サーフィン】関西の初心者スポットはここが超おすすめ

夏が近づき暖かくなってくるとアウトドアスポーツに繰り出す機会も増えてきますよね。
夏といえば海、海といえばマリンスポーツです。そしてマリンスポーツの王道といえばサーフィンです。

サーフィンはいつでもどこでも始められるスポーツではありませんが、波に乗る感覚はとても爽快で他のスポーツでは味わえないものですので、ぜひ一度は経験してほしいスポーツです。

関西在住の方にも今年こそサーフィンを始めようと考えている人がいると思いますが、サーフィンを始めるときにどこでデビューするのがベストなのか悩みますよね。

そこで今回は、関西でサーフィンを始めるときの初心者おすすめスポットをご紹介させていただきます。

サーフィンができるポイントには初心者向けの地形「ビーチ」と中上級者向けの地形「リーフ」のポイントがありますが今回は初心者でも安心なビーチのポイントをご紹介させていただきます。


和歌山エリア

磯ノ浦(いそのうら・通称:イソコ)

大阪に住んでいるなら一番アクセスが良いポイントは磯ノ浦でしょう。
磯ノ浦は大阪のサーファーなら誰もが知るメジャーなポイントです。磯ノ浦は外海に面していないため、ウネリが入りにくく良い波が立つことは少ないですが、そのアクセスの良さから少しでも良い波が立ったときにはかなり混雑します。
それに加え、海水浴シーズンはビーチが海水浴エリアとサーフィンエリアに分けられるので、この期間はさらに混雑していまいます。
また、サーフィンには『ワンマン・ワンウェイブ』という基本的なルールがありますが、磯ノ浦の混雑時は一斉に波に乗ってしまいそのルールが無い状態になってしまいます。これは事故やトラブルの原因になりかねないので、このような混雑時のサーフィンデビューはあまりおすすめできません。

ポイント情報
ポイントの向き:南南西~西南西
地形:ビーチ
シーズン:春~秋
 

浜の宮(はまのみや)

浜の宮は磯ノ浦の波が頭サイズ以上になったときに遊べるポイントです。
普段から波が立つという場所ではありませんが、磯ノ浦の波が頭サイズ以上やクローズになった場合にちょうど良い波が立つことがあります。
浜の宮でサーフィンをする場合は磯ノ浦を基準に考えるといいでしょう。磯ノ浦ほど混雑することはないので、こちらの方が初心者向きのポイントかもしれません。

ポイント情報
ポイントの向き:南南西~西南西
地形ビーチ
シーズン:春~秋


三重エリア

国府の浜(こうのはま)

三重には「国府の浜(こうのはま)」「市後浜(いちごはま)」「南張(なんばり)」などのポイントがありますが、初心者におすすめのポイントが国府の浜です。
国府の浜は太平洋に面しており、比較的良い波が立ちやすいポイントです。ビーチが約3kmと広く磯ノ浦ほど混雑することは少ないので、初心者でも十分に楽しめるポイントと言えるでしょう。
駐車場やシャワー、売店などサーファーのための施設が多くあり、サーフィンスクールも充実しているので、サーフィンデビューにはおすすめのポイントです。

ポイント情報
ポイントの向き:南東~東
地形:ビーチ
シーズン:春~秋


徳島北エリア

小松海岸(こまつかいがん)

小松海岸は和歌山と同様に外海に面していないので、波は立ちにくいポイントですが、南~南東のウネリに反応するので、和歌山のポイントでは波が立たないときでも波が立ちます。
大阪からのアクセスも比較的良いので、波が立つときには多少の混雑が予想されますが、初心者でも安心してサーフィンデビューできるポイントと言えるでしょう。
他のサーフポイントと違い駐車場が無料なので利用者としてはとてもありがたいのですが、サーファーのための施設は少ないところがデメリットです。

ポイント情報
ポイントの向き:東南東
地形:ビーチ
シーズン:春~秋


室戸エリア

生見海岸(いくみかいがん)

徳島県と高知県の県境には「生見海岸(いくみかいがん)」「宍喰海岸(ししくいかいがん)」「内妻海岸(うちづまかいがん)」「尾崎海岸(おざきかいがん)」などがありますが、初心者におすすめのポイントが生見海岸です。
この地域はウネリが入りやすく日本でも有数のサーフポイントです。
ビーチに面した宿泊施設やサーフィンスクールなども充実しているので、サーフィンデビューを兼ねた旅行としても楽しめるでしょう。
また、サーフィンはその日の天候によって左右されるスポーツですが、生見海岸なら近隣にポイントが多くあるので、状況によって場所を選んでサーフィンできるというところも良いですね。唯一の欠点は、距離がかなり遠いので往復の移動が肉体的にハードなところでしょう。

ポイント情報
ポイントの向き:南~東南東
地形:ビーチ
シーズン:春~秋



サーフィンを始める際の注意点

サーフィンには先程記載した『ワンマン・ワンウェイブ』以外にもいくつかの基本ルールがあります。
初心者の時点でレベルの高いサーファーが集まる沖まで出ることはないと思いますが、避ける技術がない時点で無理をすると接触してケガをしまう危険性があります。
まずは基本的なルールを覚え、安全に楽しめる場所で練習してから少しずつ沖に出るようにしましょう。

サーフィンのルール

1.ワンマン・ワンウェイブ
一つの波に一人のサーファーというルールがあり、波のピークに近いサーファーに優先権があるので、もし間違ってしまったときには素直に謝りましょう。

2.ドロップイン(前乗り)禁止
自分より先にテイクオフして波に乗っているサーファーがいる場合、そのサーファーより前でテイクオフすることはルール違反になりますので注意しましょう。

3.ゲッティング・アウト時のルール
沖へゲッティング・アウトする際にサーファーが波に乗ってきた場合、そのサーファーの邪魔をしないように注意しましょう。このような場面では、波に乗っているサーファーの進行方向を遮らないように移動しましょう。

4.集団入水しない
大勢で同じポイントに入水してしまうと他のサーファーに迷惑をかけてしまうので、混雑していないポイントを探して入水するようにしましょう。サーフィンでは良い波の立つポイントにサーファーが集まってしまうことがありますが、人が多い場合は少しポイントを変えて波を待つことも大事です。

5.ゴミを捨てない
サーフィンをするなら海を綺麗に使うのは絶対条件の一つです。サーファーの中にはタバコのポイ捨てをする人間もいますが、このような行為は最低ですので自分のゴミは持ち帰ることを心掛けましょう。ビーチでは地元の人を中心にビーチクリーン活動も行われているので積極的に参加して海を綺麗に保ちましょう。


関西の初心者おすすめサーフスポットのまとめ

今回はサーフィンデビューにおすすめのサーフスポットをご紹介させていただきました。

関西にはとても良いサーフスポットが数多くありますが、初心者向けの環境などを考えると『日帰りなら三重エリアの国府の浜』『泊まりなら室戸エリアの生見海岸』をおすすめします。
この二つのポイントなら環境も素晴らしいので初心者でも楽しめるはずです。

この他のポイントでもサーフィンデビューを十分に楽しむことは可能ですが、サーフィンには地域の特長も出ます。特に磯ノ浦でサーフィンデビューをしてしまうと上級者に文句を言われてしまう恐れがありますので、磯ノ浦でデビューする際は注意してください。

どんなスポーツを始めるときでも、初めて経験するときの印象がとても大切です。

私はこれからサーフィンを始める方に初サーフィンを「とても楽しかった!またサーフィンしたい」と感じていただきたいと思います。

今回の記事があなたの初サーフィンに向けての参考になれば幸いです。