【完全版】海外移住に必要な準備を16項目にまとめました!!

どの国に移住するにしてもどんな準備が必要なのかを知ることはとても大事です。

そこで今回は海外移住へ向けてどのような準備が必要かを公開いたしますので海外移住を目指す方は参考にしていただければと思います。

まずは予定を立てましょう!

予定を立てる。


それはいつ移住するのか期日を決めること!


期日を決めてそこから逆算していつまでにこれをする!というように一つ一つクリアして移住を目指しましょう!


例えば逆算してみてどう考えても間に合わないのであれば期日を変更しましょう。


自分が努力すればぎりぎり間に合うくらいに設定してください。


少し焦って頑張らないとクリアできないくらいに設定した方が人は気を抜かず努力できるのです。


これからお伝えしていきますので必要項目をご自身で逆算して期日を決めてみてください。


1.移住先の情報収集をしよう!

まず最初にあなたが移住を希望する国の情報を集めましょう。


国によって条件に違いがあるのでしっかり情報収集をしておきましょう。


今はネットで様々な情報を確認することができますが、最近はSNSが普及しているのですでに移住されている人に直接連絡し現地の情報を聞いてみるといいです。


そうすることで現地のリアルな情報が知れますし親しくなれば移住したときにアドバイスやサポートをしてくれるかもしれません。


海外移住したいけど移住先が決まっていないという方は、環境・移住条件・仕事・お金のことなどを踏まえてリストアップしてみてください。


憧れの国に住むのもいいと思いますが、全てが理想通りの国はありません。


あなたにとって何が重要でどんなことなら寛容になれるか。


それをしっかり考えたうえで決めることが大切です。


そうすることで後悔のない充実した移住生活が送れるでしょう。


2.下見・視察に行こう!

移住先や候補地が決まったら下見に行きましょう。


その国があなたのイメージ通りならいいですが実際に行ってみると違和感を感じるかもしれません。


移住してしまってから後悔してももう手遅れですので下見はできれば何度かしていただきたいです。


このときにSNSなどで知り合った人と会えるのであれば直接会って気になることを質問してみましょう。


ネットには載っていない重要な情報が聞けるかもしれませんよ。

3.パスポートの確認をしよう!

現在お持ちのパスポートの有効期間を確認してください。


国によっては、パスポートの残存有効期間を求められる場合もありますので、有効期限は確認しておきましょう。


ビザに関して、日本のパスポートの信頼性はとても高いのでノービザでも最大90日の滞在が認められている国もあります。


ビザ申請の際には、スタンプが押されていない白紙のページが必要になりますのでご注意ください。


また、VISA取得には時間がかかるので事前に詳細を確認し、時間に余裕を持って取得しましょう。


4.海外転出届を出そう!

海外転出届は出国予定の2週間前から届け出が受付されます。


住民登録窓口にパスポート持参し移動届に記入するだけです。


移住先の住所が確定していない場合は国名と都市名の記入のみとなっています。


届を出すと住民登録がなくなるので住民票が取得できなくなります。


住民登録を復活させるには、新住所地の住民登録窓口にてパスポートなどを持参し転入届に記入するだけです。


これで住民税や国民年金、国民健康保険を支払う義務が免除になります。


5.転出届を出そう!

海外転出届を出すタイミングに合わせて郵便局に行き転送届を出しておきましょう。


転送届を出しておくと1年間、旧住所あての郵便物等を無料で転送してくれます。


実家や親戚に郵便物の管理をお願いしておきましょう。


6.海外保険に加入しよう!

初めて海外移住や長期滞在する方には、日本の保険会社での海外保険加入をおすすめします。


日本の保険会社で海外保険に加入することで、日系の病院にて日本語で診察を受診することもできますし、私立病院で受診できるので比較的待ち時間を短くして病院を利用することが可能になります。


海外に初めて滞在される方は日本の保険会社での海外保険の加入がおすすめです。


7.予防接種を受けよう!

海外移住する場合は移住先の国に合わせた予防接種を受けておいたほうがいいでしょう。


健康面にかかわることなのでしっかりリサーチして受けておきましょう。


また、歯の治療には時間がかかるので歯科検診も前もって行っておくといいでしょう。


8.免許証を更新しよう!

つい忘れてしまいがちなことが運転免許証の更新です。


通常ははがきで通知されますが、海外にいると受け取ることができませんので注意しましょう。


運転免許証の更新期間は有効期間満了年の誕生日の1ヶ月前から誕生日の1ヶ月後までの間ですが、海外移住などで長期不在にする場合は、更新期間前に更新手続きを行うことができますので更新しておきましょう。


また、移住先で車を運転する予定の人は、国際運転免許証を取得しておきましょう。


各都道府県警察署の運転免許課や運転免許センター、運転免許試験場などで申請できます。


警察署で発行を受ける場合は、発行に2週間程度かかる場合がありますので注意してください。


このとき、移住先が国際免許証の有効な国かの確認も忘れずにしておきましょう。



9.滞在先を確保しましょう!

下見の時点で住居が決まっているなら問題ありませんがほとんどの人が一時滞在先から物件探しをすると思います。


下見に行ったときに時間の余裕があれば一時滞在先の候補も決めていれば移住がスムーズに進むでしょう。