【米国株】初心者が億り人を目指すには【株式投資】

『自分自身で資産を増やす』これは、これから人生100年時代になり老後資金が2,000万円も必要という時代を迎える中で、誰もが乗り越えなければならない問題です。自分で稼がなくても資産に余裕がある人の数はほんの僅かです。ほとんどの国民が自分自身で資産を増やし蓄えておかなければ、老後を迎えたときに普通の生活ができないと言われているのです。ではこの大きな問題をどのように乗り越えるのか。その手段の一つが株式投資です。
そこで今回は、日本株ではなく米国株への投資をおすすめする理由を簡単に説明させていただきますので、株式投資での資産運用に興味のある方はぜひご覧ください。

※ちなみに『億り人』とは資産運用で1億円以上の資産を築いた人のことを言います。


株式投資とは?

株式投資と聞くと、多くの人が難しいというイメージを持ちますが、実際に触れてみるととても簡単な仕組みです。
たとえば企業は日々業績を伸ばすために努力していますよね。業績を伸ばすためには新製品を開発したり、生産量を増やすために新しい工場を作るなどの資金が必要になります。そのため、企業は自社への出資者を募り資金を集めます。その手段として、企業は株式という証明書を発行して資金を集め、それを元手に活動して利益を上げます。このような企業を「株式会社」と呼びます。
企業に投資してくれた人を「株主」と呼び、その株主に対して投資の証明書として付与されるものを「株式」と呼びます。つまり株式投資とは、企業の発行する株式を購入しその株価が上がることによって資産を増やしていくことを目的とした資産運用のことです。


株価が上下する理由は?

株式投資を行う上で一番必要な知識は、なぜ株価が上下するのかを理解することです。これを簡単に説明すると、株価は買いたい人が多いと上がり売りたい人が多いと下がるという需給バランスによって価格が変動する仕組みになっています。
では、どのような要因で株価が上下するのか。これは企業の業績が良ければ買い手が増え株価は上がり、業績が悪ければ売り手が増え株価は下がるという簡単な仕組みです。この他の要因として、その時代のニーズやヒット商品の開発、他社との提携などさまざまな要因で上下することがあります。


なぜ日本株ではなく米国株?

今回、なぜ日本株ではなく米国株への投資をおすすめするのかを簡単に説明すると「1株から購入できる」「世界的な企業が多い」「ベンチャー企業が多く株価が大幅に上がる可能性がある」「株主への還元率(配当利回り)が高い」このような要因があるからです。
株式投資をスタートしようと考えたとき、日本株の方が参入しやすいと思う人が多いのですが、実は日本株より米国株の方が敷居が低く参入しやすいのです。
例えば1株10,000円の株を購入したいと考えたとき、アメリカなら1株でも2株でも自分の希望する数の株式を購入可能ですが、日本の場合、100株単位での購入するルール(単元株制度)があり、10,000円の株を購入するとき100株分の価格である100万円が必要になるのです。このルールのせいで投資初心者や少額の資金からスタートする人にとっては高額な日本企業の株式を購入することが難しく選択肢も少なくなってしまいます。
投資をはじめていきなり1つの銘柄に大きな金額を投資するのは不安ですよね。私ならある程度分散して投資できるほうが安心ですし、好きな企業の株式を購入したいと思います。

私は上記の中でも「1株から購入できる」「ベンチャー企業が多く株価が大幅に上がる可能性がある」という点で米国株を購入しています。


米国株取引の注意点は?

米国株をはじめるにあたって注意点がいくつかありますので確認しておきましょう。一番の注意点は「ストップ安がない」という点です。米国株の魅力である株価の上昇に上限がないという特徴に対して下降するときも下限がありません。これは米国株投資を行う上で大きなリスクになりますが対応も可能です。あらかじめ購入した株に「逆指値」というこれ以下に下がった場合に売るという設定をすれば大幅に下がってしまうリスクを回避できるので、価格変動に不安がある場合は設定しておきましょう。これに加え、為替レートなどの影響も受けますので注意しておきましょう。

私はこのリスクを差し引いても、米国株の方がメリットが多く資産を増やしやすいと考えています。


投資初心者が億り人を目指すにはどうすればいい?

あなたができるだけ早く億り人を目指すためには、まず投資金額に合わせた計画を立てましょう。
50万円や100万円をいきなり1億円にすることはできません。ですが毎年1.5倍にするという計画を立てると100万円から500万円までが4年、1,000万円までが6年、5,000万円までが10年、1億円までが12年で到達可能という計算になります。これはあくまでも計算上の数字ですが、たった10年ちょっとで1億円を目指すことは十分に可能なのです。途中で資金を追加していけば、もっと早く達成してしまうかもしれません。毎年1.5倍という目標は簡単ではありませんが、情報収集などをしっかり行えばリスクを減らしチャンスを増やすことができるので、常に情報をチェックできる状態にしておきましょう。


最新の情報収集はどこでする?

株式投資を行う上で最新の情報を早く知るということがとても重要です。これが一番重要と言っても過言ではないです。たとえば情報が出たときに1株100円の株が1時間後には1.5倍の150円になっているなんてこともざらにあるのです。
では最新の情報を早く知るためにはどうすればいいのか?それは「ネット掲示板」「ツイッター」「LINEのオープンチャット」などをフル活用しましょう。これ以外に「YouTube」などでも情報収集は可能ですが、少し遅れた情報も多いので勉強や今後の参考にする目的でチェックしておくといいでしょう。
上記のツールはとても優秀な人達が最新の情報を共有しているので、初心者にもわかりやすく勉強にもなり銘柄選定の役にも立つはずです。

このように株式投資に関しての情報はネットで簡単に調べることが可能なので、自分にとってわかりやすいものを常にチェックする習慣をつけることを心掛けましょう。


株式投資を始めよう

ここまで読んで株式投資に対して少しでも興味が増したなら、あなたも株式投資を始めるべきです。

人は「あのときこれをしていればよかった」と後悔の多い生き物です。私にも同じような後悔はありますが、あなたがもし興味を持ったならどんなことでも早く始めるに越したことはありません。特に株式投資は開始するタイミングが早ければ早いほど、少額投資からでも大きな資産を生み出せるチャンスも増えます。
老後のため、若いうちにセミリタイアするためなど最終目的に違いはありますが、資産に余裕があれば誰もが安心して過ごせるはずです。このタイミングを機にあなたも米国株投資にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに私がおすすめするネット証券会社はマネックス証券SBI証券楽天証券ですので、これから始める人は参考にしていただければと思います。