「ボクシングの練習メニュー」ってどんな練習?

こんにちは。

私まちゃひではバリ島移住を目指して奮闘しておりますが
実は過去にボクシングジムでトレーナーをしていたことがあるのです。

ですので今回は私の唯一の特技であるボクシングの「練習メニュー」について
書かせていただきます。

ボクシングは「ダイエット」にも間違いなく効果的ですので興味が湧きましたら
是非お近くのボクシングへ行って体験してみてください。


ではさっそく練習の流れを見てみましょう!

まずボクシングジムでは3分でタイマーがなり1分でタイマーがなるという流れを
繰り返しています。

3分練習して1分休むの繰り返しですね。

このタイマーの間隔はジムによって多少の違いがありますがこれを基準に
練習が進みます。

まずは「ストレッチ」から!

ストレッチはだいたい5~10分くらいかけてしっかり全身を伸ばします。

最近のボクシングジムは体験時や入会時にトレーナーがストレッチから全て指導して
くれますので安心してください。

あと汗臭くて汚い昔のイメージは忘れてください。

女性の会員さんなどフィットネス目的のお客さんが増えているので今はどこでも
綺麗にしています。

ストレッチが終わったら「ルームランナー」もしくは「エアロバイク」です。

これを約10分ほど行い体を適度に温めて運動しやすい状態にします。

体が温まったら次は「縄跳び」です。

ここからはブザーを時間の目安に運動しましょう。

縄跳びは2~3R行います。

ボクシングは下半身がとても重要ですのでこの縄跳びがスタミナアップと
華麗なステップに繋がります。

次は「シャドウボクシング」です。

ここからやっとボクシングらしい練習ですね。

拳にバンテージを巻いて気合を入れましょう。

このシャドウボクシングですが誰でも最初からきれいなワンツーやコンビネーションを
打てるわけはありません。

最初はトレーナーの動きをしっかり見て真似をしてみましょう。

そこから鏡を見ながらジャブストレートの打ち方を一つ一つ覚えていきましょう。

シャドウボクシングは3~5Rほど行います。

出来れば鏡の前とリング上両方で行ってください。

リング上で行うときは相手をイメージしながら出来ればなおよしです。

次はシャドウボクシングのイメージを持って「サンドバッグ」を叩きましょう。

サンドバッグを打つときはただ思いっきり打ち込むのではなく相手のボディ
位置を意識して打ち込めるといいですね。

基本の構えからしっかり打ち込んですぐ元の構えに戻す。

ドーンと打つのではなくスパンという切れのあるイメージで打つ。

ステップを踏み、足を使いながら出来ればかなりボクサー感が出ますよ。

これを3~5R行います。

エステ体験【エルセーヌMEN】

サンドバッグ打ちの次は「ミット打ち」ですが間違いなくこれが一番きついです。

自分のペースではなくトレーナーのペースで動き続けるのですからしんどいに
決まっています。

3分がこんなに長いのかと心底思うはずです。

そろそろ3分かなーと思ってタイマーを見たらまだ1分30秒もあるやん!
とあなたも絶対思うはずです。笑

ですがこのミット打ちで実戦に向けての動きを練習するのでとても意味のある
練習です。

トレーナーと息を合わせて手数の多いコンビネーションなんかが出来るようになれば
しんどさ以上の楽しさも出てきますよ。

ミット打ちは2Rくらいのところが多いですね。

選手コースだと4R以上やることもありますが今考えるとあのときの自分は
頑張っていたと胸を張って言えますね。

今では絶対無理ですが。笑

ここまでやれば疲労感もあると思いますが、ここから「マススパーリング」
(マスボクシング)
2~3R行います。

これはギリギリ当てない対人練習です。たまに当てちゃう人もいますが。笑

簡単に言うとシャドウボクシングのシャドウの部分が人になった感じの練習ですね。

当てないルールですが実際に相手がいるだけで運動量はかなり上がりますので
いい練習になります。

それにパンチを当てないからこそ学んだことをしっかり意識して出来ます。

マススパーリングの次は実戦「スパーリング」ですがこれは希望者のみで行いますので殴り合いはちょっとという方も安心してください。
(これはある程度の技術がないとジム会長の許可がおりません)

スパーリングはかなり体力を使いますので2Rくらいです。

スパーリングに関してはスポーツ保険に加入していないと参加出来ないなど安全に
考慮して行うジムも多く危ない場合はすぐに止めますので選手以外でけがをすることは
ほとんどありません。

最後は体をほぐすためのシャドウボクシングとストレッチを行って練習終了です。

練習時間はだいたい1時間半くらいあれば十分だと思います。

これで練習は終了です。

この練習を週に3回ほど行えばかなり効果的です。

練習メニューは上記以外にも「ロードワーク」(ランニング)「パンチングボール」
「ウェイトトレーニング」
など他にもたくさんありますが今回は基本的なメニューを
書かせていただきました。

まとめ

今回はボクシングジムでの基本的な練習の流れをご説明させていただきました。

各練習のラウンド数にも個人差がありますのでボクシングを始められる方は
自分に合った練習時間を見つけてください。


この記事でボクシングに興味を持っていただけたら嬉しく思います。

ではまた。

油っこいもの、甘いもの味の濃いものが好きなあなたに!RIZAP トリプルバリア

ボクシングの最新記事8件