ボクシングのグローブは何オンスがいい?おすすめのサイズはこれ!

自分専用のグローブでボクシングをさらに楽しもう!

これからボクシングを始める人、もしくは始めたての人でグローブの購入』に悩んでいる人がいらっしゃると思います。

ダイエット目的や強くなりたいなど、目的は違ってもボクシングジムでのトレーニングにはグローブが必須アイテムです。

そこで今回は、ボクシングのトレーナーをしていた私の経験からボクシンググローブについての解説と選び方をご紹介させていただきます。

ボクシンググローブはジムで借りることもできますが、やる気の面衛生的な面を考えるとマイグローブを用意しておくことがベストでしょう。

また、ボクシンググローブは「8・10・12・14・16オンス」に分かれており、1オンス約28gなので8オンスなら約224g、16オンスなら約448gということになります。

224gくらいの差ならどうってことないと思う人もいるかもしれませんが、ボクシングの練習を行う上でこの差は大きな差となります。



ボクシングのグローブは何オンスを選ぶのが正解?

正解は『8オンス』です。

なぜ8オンスかというと、あなたが思っている以上にグローブをつけて行う練習は負荷を感じるからです。

すでに体験レッスンなどで経験している人はわかると思いますが、8オンスでもかなりキツイのに16オンスなんてありえないですよね。

14オンスや16オンスのグローブは厚みやクッション性があり、安全性を考慮したスパーリングなどに使用されることが多く、練習で使用するのはパワーをつけたい場合などが多いです。

通常の練習に使用するグローブは8オンスか10オンスをおすすめしますが、初心者のうちは8オンスの一択と言っていいでしょう。

グローブの重さを変更するのは練習に慣れてからにしましょう。いきなり重いグローブで大きな負荷を与えた練習をしてしまうと、カラダへの負担が大きく練習になれる前にケガをしてしまう恐れもありますので、あまりおすすめはできません。

また、ボクシンググローブにはサイズの選択以外にひも式とマジックテープ式から選ぶ必要があります。ひも式グローブにゴム紐を通して使用するという裏技もありますが、練習用にはマジックテープ式を選びましょう。


ボクシンググローブの選び方
ボクシンググローブにはさまざまなブランドがあり、使用感や持久性、価格もそれぞれ違いますのでいくつかご紹介させていただきます。
この中であなたに合いそうなものがあれば、ぜひそのグローブを相棒にトレーニングに打ち込んでいただければと思います。


Winning(ウイニング)

ウイニングは日本が世界に誇るボクシンググローブメーカーです。

JBC(日本ボクシングコミッション)公認のメーカーなので、プロになる事を見据えている人ならウイニングのグローブで慣れておくといいかもしれませんね。

世界的に有名なマニー・パッキャオも練習用のグローブとして使用しており、選んで後悔することのないグローブメーカーです。

グローブの使用感】
職人が一つ一つ手作りで作製しており、素材は牛革を使用しています。
品質に関しては申し分なく、長期間使用してもへたらない優秀なグローブです。
【価格】
価格は約22,000円からと少し高価ですが、品質の良さは間違いありません。
また、名前を入れたりカラーオーダーで自分だけのオリジナルグローブを作ることも可能ですので、こだわりたいというあなたにおすすめです。

ウイニングのグローブの最安値はこちら⇩
スーパーSALE情熱価格/ポイント+7倍!!\ 【ネームなし】ウイニング ボクシング グローブ【MS-200-B】8オンス マジックテープ式 Winning boxing gloves

オーダーで作りたい人はこちら⇩


winning gloves Winning ウイニング8オンスカラーオーダーマジックテープ式ボクシンググローブ150-180日で発送させていただきます


REYES(レイジェス)
レイジェスはWBCやWBA公認の世界が認めるボクシンググローブメーカーです。
メキシコ発のメーカーで、現在では多くの世界戦で使用されています。
デラホーヤやリカルド・ロペスなど多くの世界的ボクサーが愛用している一流のメーカーです。
【グローブの使用感】
レイジェスのグローブは山羊革を使用し、メキシコ伝統の技術で作られた最高品質のグローブです。
また、グローブ内部の綿が薄く拳が握りやすいのでフィット感も抜群です。
【価格】
価格は約21,000円からとこちらも少し高いですが、世界的メーカーというだけあって品質も申し分ありません。
レイジェスのグローブの最安値はこちら⇩
限定カラーがいいあなたにはこちら⇩


WINDY(ウインディ)

ウインディはタイの有名メーカーで、ボクシングとムエタイで多く使用されているボクシンググローブメーカーです。

【グローブの使用感】
グローブの素材は牛革を使用しており、少し固めでグローブ内部のスペースにゆとりがあるので、手の大きな人や窮屈な感じがイヤな人におすすめです。
私も手が大きいので愛用していましたが、使用感と価格面の両面でおすすめできるボクシンググローブです。
【価格】
価格は10,000円前後で購入できるので、いきなり高価なグローブはちょっとという人におすすめのグローブです。
流通量が多いのでウイニングやレイジェスと比べて手に入りやすいのもいいですね。

ウインディのグローブはこちら⇩


【送料無料】Windy ウィンディー ボクシンググローブ 8 10 12 オンス トレーニング 本革製 格闘技 ムエタイ


EVERLAST(エバーラスト)

エバーラストはアメリカ発の有名ボクシンググローブメーカーで、過去にはモハメド・アリやマイク・タイソンも使用しており、現在ではパウンドフォーパウンド1位を獲得したサウス・アルバレスも使用しています。

【グローブの使用感】
グローブの素材は牛革を使用しており、クッション性が高く通気性も良いのでグローブを清潔さを重視する人におすすめです。
【価格】
価格にばらつきはありますが10,000円前後のものを選べば問題なく使用できます。

エバーラストのグローブはこちら⇩


Everlast エバーラスト エリート プロスタイル練習用ボクシンググローブ8oz ブルー 並行輸入品 【トレーニンググローブ フィットネス 格闘技 スパーリング ワンピースデザイン グリップコード メッシュパーム サンドバッグ打ち ミット打ち】


Everlast エバーラスト エリート プロスタイル練習用ボクシンググローブ8oz ブラック 並行輸入品 【トレーニンググローブ フィットネス 格闘技 スパーリング ワンピースデザイン グリップコード メッシュパーム サンドバッグ打ち ミット打ち】


Twins(ツインズ)

ツインズはタイでウィンディと並ぶ有名ボクシンググローブメーカーです。

日本でのシェア率はウインディの方が勝っていますが、タイ国内ではツインズの方が勝っています。

有名ですがキックボクシングで使用するイメージが高いボクシンググローブですね。

【グローブの使用感】
グローブの素材は牛革を使用しており、質感は固めですがしっかり作られているので練習で使用するには十分の品質です。
【価格】
価格は約7,000円からと価格的には購入しやすいので、安くてしっかりしたボクシンググローブがほしいという人におすすめです。

ツインズのグローブの最安値はこちら⇩


TWINS SPECIAL高級ボクシンググローブ パンチング/練習用/キック/ムエタイ/格闘技/スパーリング/空手/K-1/ミット

カラフルなグローブで目立ちたいあなたにはこちら⇩


正規品 Twinsキックボクシング ムエタイ ボクシング グローブ 8oz グリーン ピンク オレンジ ゴールド シルバー ライムイエロー


BODYMAKER(ボディメーカー)

ボディメーカーは1999年に大阪で設立されたスポーツ・アパレルメーカーで格闘技用品を数多く取り扱うメーカーです。

【グローブの使用感】
使用感に関しては問題ありませんが、耐久性などに不安な面があるのでフィットネス用として使用するボクシンググローブでしょう。
【価格】
価格は約4,000円からとかなりリーズナブルなので、とりあえずお試しで購入したい人にはちょうど良いボクシンググローブですね。

ボディメーカーのフィットネス用グローブはこちら⇩


BODYMAKER(ボディメーカー)フィットネスパンチンググローブ スタープリント(女性用/ボクササイズ)

ボディメーカーのおすすめグローブはこちら⇩


スパーリンググローブ【BODYMAKER ボディメーカー】ボクシング 格闘技 グローブ 空手 キックボクシング トレーニング 総合格闘技 フィットネス エクササイズ サンドバッグ パンチ ボクサー ボクシンググローブ 武道 道



自分専用グローブを持つメリット
あなたがこれからグローブを持つことによって生まれるメリットは、専用のグローブを持つことでボクシングの練習に対するモチベーションが向上し、練習やダイエットを継続できるということや、あなただけのグローブを継続して使用するので、グローブが拳に馴染んで使用感が良くなり練習の効率が上がるということ、レンタルと違いあなただけが使用するので清潔さを保てるということなどたくさんあります。



まとめ
初心者におすすめのボクシンググローブ
・ボクシンググローブは8オンスから始めるのが理想。
・長期間使用したいのであればウイニングかレイジェスのグローブがおすすめ。
・高すぎずに品質を求めるならウインディ・エバーラスト・ツインズのグローブがおすすめ。
・安いグローブでフィットネス感覚から始めようと考えている人にはボディメーカーのグローブがおすすめ。
・自分だけのグローブをオーダーで作りたいならウイニングで決まり。
・個人的にはウインディのグローブが使いやすくおすすめ。

このような検証結果になりました。

私がボクシンググローブを購入するべきだと思う一番のポイントは衛生面です。10,000円程度で清潔な自分だけのグローブを持てると考えたら、かなり安い買い物だと思います。

また、自分専用のグローブを持てばトレーニングに対するモチベーションも上がるのでおすすめです。

あなたもぜひ自分専用のグローブを購入してボクシングを楽しんでください。


効果的な練習回数が気になるあなたはこちらをチェック⇩
・ボクシングダイエットは週何回すれば効果的?