デジタルノマドになってバリ島移住は可能か?

まずはじめにデジタルノマドってなに?と思う人もいるかもしれません。

簡単に言うと「ノートパソコンとWi-Fi環境があればどこにいても仕事ができる人」のことです。

決まった場所に定住しない遊牧民(ノマド)のような生活をしているので
デジタルノマドと呼ばれていてノマドワーカーと呼ばれることもあります。


今回は私でもデジタルノマドになれるのか?


それを考えていきたいと思います。

ちなみに私は現在40歳で最終学歴は高卒、パソコンスキルほぼゼロ、語学力は
あいさつくらい、今年嫁ができた…

このような状況ですのでデジタルノマドになり海外に移住することが相当厳しいのは
自覚しています。

それでもバリ島移住を目指してあがいてみることを決めたのです。

ではノマドワークについてどのような仕事があるか考えてみましょう。


①日本のクラウドソーシングに登録し仕事をする。

 クラウドワークスやランサーズなどが有名ですね。

 初心者向けの案件もあるので私でも慣れていけばある程度は稼げるかもです。

②ブログなどのSNSで発信して収益を出す。

 ブロガー・YouTuber・Twitter・インスタなど。

 海外のいろんな最新情報を発信していけば可能性はあるかもですね。

 私もブログを始めましたしこれがいつか収益に繋がればと思っています。

③フリーランスのプログラマーやウェブデザイナーになる。

 高いスキルとセンスが必要なのでかなり勉強が必要ですね。

 正直、私には厳しい職業です。


④投資家

 投資には資金力と知識力が重要です。

 資金力のない私には仮想通貨でちょこっと遊ぶくらいが限界ですね。

この他にもあると思いますが現状私が出来そうなノマドワークは①か②くらいですね。

ただ②に関しては収益が出るまでかなりの時間が必要でコツコツやってそのうち
結果がついてくるのを待たなければいけません。

そうなると①のクラウドソーシングで収入を得るのが手っ取り早いですね。

続けてやればスキルアップにも繋がりそうですしクラウドソーシングを調べて
みましょう。

  1. クラウドワークス
  2. ランサーズ
  3. シュフティ
  4. サグーワークス
  5. Shinobiライティング
  6. ココナラ

日本最大級の記事作成サービス【サグーワークス】

などまだまだたくさんあります。

これらの仕事を試しながら自分に合ったものを見つけるのもいいですね。

私もさっそく始めてみようと思いますので一歩踏み出してみようかなと思われた方も
是非一緒に始めてみてはいかがでしょうか。

ちょっとグレーゾーンになってしまいましたがバリ島に滞在しながら
クラウドソーシングSNSで稼ぎつつ現地の出会いのなかで運が良ければ仕事が
見つかるという流れが一番いいのかもしれませんね。


まとめ

今回は結果として厳しいことがわかりましたが可能性がある限り
まだまだ諦めません!

これからもバリ島移住へ向けてあがいていきますのでよろしくお願いします。

ではまた。

高単価の在宅ライターサービス【プラチナライター】