バリ島は「アジアの楽園」魅力だらけ!7選!

あなたは「バリ島」をご存知でしょうか。

インドネシア共和国にある島でリゾート地として世界中から人々が訪れる場所です。

今回はこのバリ島の素晴らしさをお伝えしたいと思います。

結論から言うと「バリ島は最高の島」です。

ではいったいバリ島はどんなところが最高なのか私が思う魅力を説明していきたいと
思います。

魅力ポイント①

年中ずーっと暖かい!

平均気温がだいたい28度くらいと夏が大好きな私には一年中暖かいというのはとても
重要なポイントです。

皆さんもリゾートといえば暖かい場所ってイメージがありませんか?

年中Tシャツに短パンでいられるって最高ですよね。

ただ飲食店など建物の中はエアコンが強めなので一枚羽織るものがあると安心です。

バリ島は11月~3月が雨季ですがこの時期でも気温は25度以上もあります。

多少ジメジメはしますがバリの雨はスコールですのでバーッと降って止むパターンで
晴れてる時間も多くあり雨季の旅行でも満喫できるはずです。

魅力ポイント②

なんといってもビーチが最高!

バリ島といえばたくさんの綺麗なビーチがありサーファーの聖地でもあります。

私も下手くそですがサーファーなので初めてバリ島に来たときはめちゃめちゃ
感動しました。

波の大きさにビビりまくりましたが…笑

サーフィン以外にもシュノーケリングパラセーリングなどマリンアクティビティ
充実していますし美味しいお酒やジュースを飲みながらのんびりビーチを眺めて
過ごすのも贅沢ですね。

アクティビティは現地のオプショナルツアーで簡単に手配出来ますので調べてみて
ください。

魅力ポイント③

物価が安い!

バリ島ではルピアという通貨が使用されています。

現在のレートだとだいたい1,000円=125,000ルピアです。

スーパーマーケットやコンビニで買えば

ミネラルウォーターが3,500~4,000ルピア(28~32円)

コーラが5,000~8,000ルピア(40~64円)

ビンタンビールが20,000~25,000ルピア(160~200円)です。

日本と比べるとかなり安いですね。

ただし観光地のレストランやカフェでは価格がグッと上がりますのでご注意を。

現地のワルン(食堂)だと1人50,000ルピア(400円)あればおなか一杯食べられます
ので情報を集めて安くていいお店を探してみるのもいいですね。

安いお店だとナシゴレンが10,000ルピア(80円)くらいで食べられますよ。

買い物は基本的にスーパーマーケットやコンビニを利用すれば無駄な出費を
抑えられますので贅沢に楽しむところと節約するところをうまく使い分ければ
さらにいい旅になるでしょう。

その他にタクシー料金やお土産なども安いので観光地への移動や大量のお土産を
購入する際もお財布に優しいのは助かりますね。

魅力ポイント④

伝統文化と観光スポットが素晴らしい!

バリ島には綺麗なビーチだけでなく素晴らしい伝統文化や寺院がたくさんあります。

ウルワツ寺院のケチャックダンス

ここは寺院から見る絶景も素晴らしく伝統舞踊ケチャックダンスもユニークな演出で
観客を楽しませてくれますのでおすすめです。

その他にもタナロット寺院、タマンアユン寺院、ブサキ寺院、ウブド王宮など
たくさんのパワースポットがあります。

長期滞在しないとすべて巡れないのでリピーターが増えるのもわかります。

【航空券+ホテル】海外旅行エクスペディア★パッケージツアー

魅力ポイント⑤

極上のスパ!しかも低価格でコスパも良し!

バリ島といえばスパ!ってイメージされる方も多いと思います。

私が行ったことのあるフランジパニエステティックというお店はすごい人気でした。

とてもリーズナブルな価格で日本語にも対応していて送迎付き、しかも軽食まで
付いており施術の合間においしいジュースも出してくれます。

私はメンズなので奥さんとカップルコースの施術を受けましたが

「この価格でこんなVIP待遇を受けていいのか?追加料金が発生するんじゃないの?」

と疑うほど至福のひとときでした。

この他にもアユタヤスパ、バリオーキッドスパ、クイーンローズスパなど

高級なスパからリーズナブルなスパ、町のお手頃マッサージまで加えるともう
数え切れません。

女性ならスパ三昧ってのも大いにありだと思います。

旅行の最終日に遊び疲れた体を癒して帰るのがおすすめですね。

魅力ポイント⑥

治安が良い!

バリ島の治安は良いと言って問題ないと思います。

私も最初は警戒していましたが深夜の外出やクタ、レギャン地区での行動に気を
付けていれば問題なく過ごせます。

海外ですので基本的には気を付けて行動してほしいですが下手したら日本の方が
危ないかもって思います。

実際に街灯のない真っ暗なところをビビりながら歩きましたがインフラ整備が進んで
いないだけでたまにすれ違うバリの人たちは笑顔でいい人ばかりでした。

ちなみに歩道に穴が開いていることがちょいちょいあるので足元には注意して
歩いてください。笑

魅力ポイント⑦

人柄が素晴らしい!!

バリ島の素晴らしさの源は人柄の良さにあると思っています。

バリ島の人たちはとにかく人懐っこくて明るい!

街を歩いているとみんな笑顔で話しかけてきますよね?

私はコミュニケーションを取るのが大好きなのでお土産屋さんの呼びかけなんかにも
いちいち答えます。笑

英語もインドネシア語もほぼわかりませんがそこは笑顔と気持ちでカバーです。
(気持ちがこもっていれば意外と伝わるんです笑)

私はバリ島に移住したいと常々思っているのですが理由の一つはこのバリ島の人たちの人柄にあります。

おおらかで明るく楽しくいつも笑顔のバリの人たちを見ているとここなら自分も
笑顔で過ごせるだろうなーって思います。

まとめ

今回はバリ島の魅力について書かせていただきましたがいかがでしたでしょうか。

「バリ島っていいところだな、行ってみたいな」と思っていただけましたか。

この記事を読んで「バリ島に行ってみたい!」と思っていただき
どの国に旅行に行こうか迷ったときにインドネシアのバリ島が

選択肢の一つになればとても嬉しく思います。

ではまた次回。

海外